プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

趣味 花を生けること
   
    茶の湯
  
    植物を育てること

    本を読むこと

    猫と暮らすこと

    美味しいものを作ること

    会話すること 

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

店内のオブジェたち

「魚棚」の壁面にディスプレイしております「石」のオブジェたち。

ふしぎな「写真の石」たち。

京都市芸大を卒業されて、欧米、アジアでも評価の高い若手女流アーティスト木村友紀さんの作品です。

ありきたりな板張りの壁面を、ものの見事に哲学的な景観に変えてしまう、この「瞬間芸」のような作品は、木村さんの芸術の真骨頂のように思えます。

それぞれ建仁寺さん、清水寺辺り、鴨川上流など京都市内のあちらこちらの石の中から、彼女の感性が捉えた「石」たちばかり。

なにより、絶妙なバランスで配置された「石」たちは白砂に鎮座した禅寺の枯山水を彷彿とさせますが、それ以上に「写真」という素材のユニークさを改めて感じさせてくれます。

なかには相当な大きさの物もあるらしく、松材の壁面に存在するさまは、本来ある重力を忘れて浮遊しているようにも見えます。

“重い”けれど“軽い”。“軽い”けど“重い”は人生でも非常に深みのある「題材」だと考えております。

お茶の御稽古でも「重き物は軽き様に、軽き物は重きが如く」扱うように教えられます。

永い間培われてきた「非常な知慧」に思えます。

その「智慧」を、洒脱にさり気なく提示される感性は京都生まれ京都育ちの彼女のプライドでもあると信じます。

なにより、「折角なら、もっとアート性を感じさせてくれるインパクトの強い作品を!」との私からのリクエストに「お食事されるとこやし、あんまりシンドイのも良う無いと思うし・・・こんなんでええと思いますぅ。」とおっしゃった真意。

「控えめに観たらサラッと見のがせるけれど、性根で観たら奥が深いえぇ。」と。

料理も文学もアートも何でも、それで良いのではないでしょうか?

あじわう方の「感受性」で全評価が違う。

人生はまさに、そんな感じです。

「良い芸術」とはすなわち「人生」を感じさせてくれるものだと私なりに常々定義しております。



2008年6月29日 (日)

美しいものたち

六月に相応しい花材に出会えました。

何百回とお花屋さんに足を運んでも、毎回出会える花たちとはそれぞれの「縁」を感じます。

濃いフクシア色のハイドランジア(洋種紫陽花)とアーティーチョーク。

ご存知アーティチョークは食用の西洋アザミ。

茹でてつぼみのがくの部分を前歯でしごいて中の柔らかい所を食します。

こんなに大きく綺麗に咲いているものはめずらしいく、久しぶりに銀色の大きなベースに入れました。

脇役の枝物は夏櫨(なつはぜ)小さな葡萄色の実が成っており、これも食用になります。

入れ終えてじっくり観ておりますと、いつも花たちは「ひと」に見えて参ります。

これは成熟した女性。それでいて気品のある。幼さの残り香も少し。

コレットの小説に出てくるような・・・

一日一日とおなじ表情の「時」はありません。

儚いゆえに「うつくしい」ものたち。

極上の料理も含めてそんなものたちに慈しみを感じます。

2008年6月28日 (土)

鱧(はも)の良し悪し。


京の「夏の風物」に「鱧(はも)」がございます。

現在、魚棚で仕入れておりますのは徳島産の「活け鱧」です。

あちこちで水揚げされますが、国産では徳島産が最上とされております。

「活け鱧」と申しますのは、生きた鱧のことでございます。

すぐ近く、京の台所「錦小路」の魚屋さんから、魚棚に来る直前に活け〆にされて参ります。

到着すると一秒を惜しんでまず水洗い。

皮表面のヌメリをタワシで良く擦り、流しっぱなしの井戸水で、勢い良く洗い流します。

きれいさっぱりヌメリが取れたら、これまた寸分を惜しんで腹から尾にかけて一気に開き、内臓、卵、肝などを取り除き、頭と中骨を目にも留まらぬ早業で身から放ちます。

この間はほんの5~6分。

ここまで急ぎで作業を進めるのは、せっかくの「活け鱧」の鮮度を落とさないため。

これからが「鱧の骨切り」と言われる工程でございます。

まず、鱧の開き身が骨切り中に動かない様に皮目をピタッと俎板に密着させます。

今まさに骨切りされようとしている、開いた「活け鱧」の美しさと言いましたら、暗い洞窟から出された「初めて日の光を浴びた水晶」のように透き通って艶のあるそれでいて、うっすらとべっ甲色を帯びた肉質が、信じられないことに、こまかくケイレンしているのです。

良く切れる包丁で開いた白身魚の切り身特有の、かすかに縮れた表面が、いつ止まるともなく細かなさざ波のように繊細に繊細にケイレンしているのです。

みなさまにも、ご覧頂きたいのですが、とうてい動画では捕らえらません。

はじめて目に致しました時は鳥肌が立ちました。

まさに「命のある食材の美」です。

こんな内容の話、どこのお料理屋さんでもしてはらへんと思います。

ぜひ一度、魚棚の「鱧の落とし」を、お召し上がりにお越しくださいませ。

今までの「鱧の落とし」とは一味ちがう真実がございます。


2008年6月27日 (金)

本日のお客様。

今日のお昼に素敵なお客様お二人がご来店になりました。

おしゃれな輸入キッチン用品の販売をされてるお客様です。

いつもセンスの良い商品を提案してくださって安心してお店に伺うことができます。

長年、接客のお仕事をされていらっしゃいますので、さすがに「人との距離」を、とても熟知されており、お話させていただいていても、毎回あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。

これは、わたくしたち飲食のサービスの中では稀な機会です。

常にわたくしたちサービス業に従事する者は、「癒すことで癒される」側面がございます。

そういう意味からも、希少な有り難いお客様です。

2008年6月26日 (木)

お客様との距離について

 私自身が例えばタクシーに乗車したとき、思いがけず運転手の方に話し掛けられて戸惑う事もございます。

むろん運転手の方はサービスとしてお話ししてくださっているのですが、こちらが考え事に気を取られていたり、気分が乗らない時は負担に感じます。

お店でも同じ事が言えるのではないでしょうか?

「その場の空気を読む」。

接客では一番大切な事。

それにはいろいろな価値観の方がいらっしゃるのを知る事と、実践での経験が必要になります。

ほんとうに何年やっておりましてもムツカシサを感じます。

ゆえに、自分がサービスを受ける場合は、ちょっとお店の方に気を遣うようにしております。

席に案内される途中や、おしぼりが運ばれてきた時に、まず自分から「梅雨時なのに、今日は思いがけなく涼しいですね!」のひと言とニコッと笑顔を見せるだけで、お店のスタッフの方もリラックスしてくださって、良いサービスが受けられるものです。

やはり、私たちも「人間」ですから。

心配りのあるお客様には良いサービスして差し上げたいと感じます。

そして、美味しいお料理も召し上がって頂きたいと・・・

2008年6月25日 (水)

はじめてのブログ。

日々、お客様のお世話をさせて頂くなかで、心をよぎる「よしなし事」を、綴らせて頂こうと考えております。どうぞお付き合いくださいませ。

魚棚