プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

趣味 花を生けること
   
    茶の湯
  
    植物を育てること

    本を読むこと

    猫と暮らすこと

    美味しいものを作ること

    会話すること 

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年7月 | メイン | 2010年2月 »

2008年11月

2008年11月 7日 (金)

テレビ取材のむつかしさ

本日、読売テレビよりご取材依頼のご連絡がございました。

毎週日曜10時半からの番組で「大阪ほんわかテレビ」の「昼ごはんでっせ~」というコーナーで、12月に「なべやきうどん」の特集を企画していらっしゃるとのこと。

「魚棚」開業当初よりのオリジナルメニュー「白味噌煮込みうどん」をご取材いただけるというお申し出でした。

ご取材のお申し出は非常に有り難いのですが、業界にて良く耳に致します「テレビ取材のむつかしさ」を考えましたときに、日頃からお越し頂いておりますお客様にご迷惑をお掛けするわけには参りませんので、心苦しくも辞退いたしました。

わたくしども「魚棚」は先代が中央卸売市場にて鮮魚の仲卸を営んでおりまして、その関係で魚の仕入れがよそ様のお店より容易く致せます。

その上、三年前からは市内でも一二を争うの老舗の「懐石料亭」より優秀な若手料理長を招いて、昼夜共にお客様からは「リーズナブルで美味しい」と評判を頂いております。

先日、お気に召して頂いて、3日続けてご夕食にお越し頂いたお客様もおいでになりました。

もし、テレビ放送にてご紹介頂いたなら間違いなく「白味噌煮込みうどん」をお目当てのお客様方が大勢お越しになるはず。

この「白味噌煮込みうどん」は、本来、ご夕食の時間帯に単品でお料理をご注文頂くお客様の為に「ご飯代り」としてご用意させて頂いているお料理ですので、そればかりをご注文のお客様が大勢お越しになって、今までご愛顧頂いておりますお客様が、お食事出来ないことにでも成りましたら大変申し訳ないことになります。

やはり「テレビのご取材」はむつかしいと感じました。

2008年11月 5日 (水)

休日の過ごし方


本日水曜日は定休日でございます。

皆様それぞれに「休日の過ごされ方」はいろいろでしょうが、

私の場合は週休一日ですので、あえて予定を入れずになるべく気ままに過ごせるように致しております。

と申しましても、商売を致しておりますと休日といえど所用がございます。

本日は1件打ち合わせがあり、あとは予定なし。

何軒か食器店、雑貨店、書店、生花店を覘いて、その後は家でネコ達の世話をして過ごしておりました。

肌寒くなって参りましたので、茶トラのサクラが膝にしきりに乗りたがって、こうしてパソコン仕事をしております時には困ります。

「はいはい、わかりました!ちょっとまってね。」


2008年11月 4日 (火)

料理屋のしごと


七月の或る日の夕刻。

ご家族連れの三名様がテーブルのお席にお座りになりました。

私と同年くらいのお父様とお母様、それと13才くらいのお嬢様のお三人。

私が担当させて頂いておりましたが、ご注文の頃から何か「不自然さ」を、感じておりました。

どうやらお母様が夜分にも係わらずお帽子をお取りにならずにいらっしゃるのが「そう感じる」原因だと解釈いたしておりました。

何事もなくお食事をすまされ、和やかにお帰りになる運びとなり、ご主人様とお嬢様が先に表にお出になり、奥様がお会計の為にレジにお立ちになりました。

「ありがとうございました、お食事はご満足頂けましたでしょうか?」

「ええ、とても美味しく頂戴いたしました。ごちそうさまでした。」

「それはよろしかったです。お口に合いまして何よりです。」

「じつは、こうして『魚棚』さんに寄せて頂くのは二年ぶりなんです。私が病気をしまして・・・それまでは毎年、一度京都に来た時には『魚棚』さんに寄せて頂いていたのですが。」

「そうですか・・・」

「こうして今年二年ぶりに来れました。」

「それは、憶えて頂いていて、ありがとうございます。」

「また、来年も来たいと思うのですが、来れるかどうか・・・」

「そんな事おっしゃらずに是非ご来店くださいませ。お待ちして居りますので。」

「それが・・・、わたしが乳癌で・・・、それで来年は、来られるかどうか分からないのです。」

「・・・」

「今日は久しぶりに『魚棚』さんに来ることが出来て本当に嬉しかったです。ありがとうございました。」

と、お出になる後ろ姿に「あっ、ちょっとお待ち下さいますか。」

「これは私ども『魚棚』でお昼に使用しております『お箸置き』でございます。南天の木で拵えておりますので『難を転ずる』の意味もございます。毎日お使い頂きましたらきっと来年もお越し頂けるると思います。どうぞ詰まらない物ですがお持ち帰りください。是非、来年もお越し下さるのを心からお待ち致して居ります。」

いち料理屋の支配人の私に出来る精一杯の気持ちをお渡ししたつもりでした。

後ろ姿をお見送りしながら、図らずもお聞きしたお客様のお話に「悲しさ」と「切なさ」と、お越し頂けた「嬉しさ」とで、どうして善いか分からず、しばし途方に暮れておりました。

新京極の角をお曲がりになって、お姿が見えなくなるまでお見送りして、店内にもどり、お席の片付けをしようとふと椅子を見ると、書店の袋のお忘れ物がありました。

とっさに、袋を持って表に飛び出し、着物姿で新京極の角まで小走りで後を追いかけ角を曲がったその時、立ち止まりました。

その場でご夫妻向き合って奥様は泣いていらっしゃったのです。

お嬢様は少し離れたところからご覧になっておりました。


あっ・・・見てはいけないところを見てしまった・・・

と。

お忘れ物を差し出し、無言のままお渡しするだけが精一杯でした。

あれから4ヶ月。

短くはない時間、この仕事を続けて来て初めて考えさせられました。

常々「料理屋とはお客様に空腹を満たして頂くだけの場所ではない。」と、スタッフには話し、自身にも言い聞かせて参りましたが、今回ほど考えさせられた事はありませんでした。

きっと「機が熟して」神様が巡り合わせて下さったのでしょう。

この出来事を自分だけではなく多くの方に知らせる事が、飲食という仕事に従事するたくさんの人たちに知って頂いて、自分たちが何をしているのか、どんな「心づもり」をして仕事をするべきなのかと云う事を考え直して頂くきっかけになればと願っております。

ブログを書き始めまして間も無く「この出来事」がございました。

「この出来事」が心の歩みを止めたまま、あの日に立ち止まったまま、あの日、新京極の角を曲がったその場所で立ち止まったまま、私は今日まで居ります。

そして、今日、こうして「魚棚のブログ」が書けて居ります。

今、確実に申せます事はひとつだけ。

ご病気のお客様が、どうぞ回復され、お元気になって来年もお顔を見せてくださる事。

ただそれだけでございます。

「料理屋の仕事」。

それについてはこれからもずっとずっと、考えてゆきたいと思っております。


魚棚 のサービス一覧

魚棚