プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

趣味 花を生けること
   
    茶の湯
  
    植物を育てること

    本を読むこと

    猫と暮らすこと

    美味しいものを作ること

    会話すること 

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年11月 | メイン | 2011年11月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

ひと足早く「春」になりましたネ。


本日木曜日。

毎度の錦小路にて「桃」の枝を買いました。

薄すぎず、濃すぎず、想いどうりの桃色の「桃」です。

食材でも、花材でもこの「想いどうり」と言うのが案外難しく、先週は有ったのに、今週は無いなんてしょっちゅうですし・・・

魚でも、野菜でも、花材でも「その時勝負」です。

今夜、早いお時間に時々お顔を見せてくださる女性のお客様が、まだどなたもいっしゃらないカウンターのお席にお座りになりました。

今、活けたての「桃の花」の清々しいカウンターです。

いつも通り、沢山は召しあがれないので二品少なめの懐石でとのご注文。

通常6300円のお献立を5250円でお作りいたします。

他にはまだお客様がいらっしゃいませんでしたので、お給仕しながら、お仕事先とご自宅の間に『魚棚』が在る事、ご自宅でお夕食のお支度をなさらなくても良い日にご来店頂ける事などお話させて頂きました。

最後のお料理「焼物」が少し多くて、「雲子の照焼き」と「海老芋の田楽」を半分ほどお残しになりました。

お帰りになる時に「いつもデザートの『白玉あんみつ』が食べたくて伺うのですが完食できませんでした。」とおっしゃいます。

去年まで、当店二階に姉妹店『ふれかんて』というカフェがございまして、そちらにて度々『豆かん』をご注文頂いていたらしく、『ふれかんて』休業中の現在『魚棚』にてお食事とともに、懐石後のデザートとして『あんみつ』を召し上がって頂いているらしいのです。

本当にありがたい事です。

『ふれかんて』の店主が、健康上の理由でやむなく休業させて頂いておりますのに、こうして顧客のお客様が『魚棚』に来て下さっております。

「今日は量が多くて申し訳ありませんでした。次回にはもう一品少ないお献立をお作りいたしますね。そうかデザートだけでもご遠慮無くご注文くださいませ。」

「えっ、それでもよろしいんですか?」

「ええ、どうぞご遠慮無く。」

「ありがとうございます、また来ます。」

お見送りするのも温かな、三月間近の夕刻に、その方は「桃の花」の笑顔で軽やかにお帰りになりました。

2010年2月21日 (日)

『魚棚』のスイなお雛さん


私が子供の頃、おばあちゃんがちょっと変わった物見たら「純ちゃん見てみ、ほら、スイやなぁ」やら、「あんたスイやなぁ、へぇ」やら言うてた「スイ」は「粋」の事やと解ったのは、随分後からでした。

「いき」ではなしに「スイ」。

京都ことばのそれは、本来の「粋」と言う意味プラス「珍(ちん)」と言うニュアンスがございます。

本日、すぐ近くの『錦市場』へお花を買いに参りました折、濃い桃色の桃の花を見て「そうや、もうじきお雛さんやなぁ・・・」と。

例年であれば、三月一日に仕舞ってある『お雛さん』を世間の風にお当てして、旧暦の三月三日まで『魚棚』店内中央の、一升瓶をずらっと並べてある棚にお出で頂くのですが、なんや今年は早い目にお顔が見たくなりましたので、急いで帰り道に『ひいな菓子』を買うて帰り、飾り付けをいたしました。

画像のように『魚棚のお雛さん』は陶器です。

兵庫県明石の陶器作家、金井和歌子さんの作品です。

2005年に京都高島屋さんのギャラリーで偶然、金井さんの作品に出会いました。

ユニークで、それでいて深遠な作風が魅力なのですが、関西学院大学で哲学科を卒業されてから、京都市立芸術大学の陶磁器科を卒業されており、そのご経歴からなるほどと。

『魚棚』には、他にも金井さんの作品で、ユーモラスな『箸置き』や『ナイフレスト』のコレクションもございます。

ご予約の際に「ブログで見たのですが金井さんの『箸置き』でお願い出来ますか?」とおっしゃってください。

仕舞うてばっかりやなしに、他の作品も、ちぃとは世間の風にお当てせな・・・


2010年2月18日 (木)

☆『魚棚』のご褒美☆


今日は木曜日。

もう14~15年のあいだ、毎週木曜日の正午にご来店になるお客様がいらっしゃいます。

書道のカルチャースクールに通っていらっしゃる方々10名様。

日によってお休みなさる方もいらっしゃいますので毎回10名様とは限りませんが続けてご来店頂いており、大変有難い事だと感謝しております。

その中のお1人、ご出身が山口県の萩市と受け賜っておりますお客様から本日天日乾しの「新若布」を頂戴いたしました。

その方のおっしゃるには、地元にお住いの幼馴染のご老人が、お手ずから鎌で刈って天日乾しにし、ワラで束ねてくださった正真正銘まごころのこもった「新若布」。

ビニール袋から出して香りを聞かせて頂く前から磯のかぐわしさが鼻腔に沁みて、夏休みの浜辺の記憶が遠い郷愁から引き寄せられて参ります。

京都に居ます旧友に食べさたいと「新若布」の本当に柔らかい穂先だけを丹精した逸品。

「心を頂く」とはこの事。

料理屋としてお客様に「心を召し上がって頂く」。

その事を、料理屋本来の有り方として、指針として、日々精進して往きたいと感じております。

言葉にする事は簡単ですが、日々、形にする事は並大抵で無いのは重々承知。

「人はパンのみにて生きるにあらず」。

「神のことば」では無しに、自分以外の誰かの「きもち」が有るから平穏無事に毎日が過ごせるのだと感謝する毎日です。


魚棚