プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

趣味 花を生けること
   
    茶の湯
  
    植物を育てること

    本を読むこと

    猫と暮らすこと

    美味しいものを作ること

    会話すること 

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 『魚棚』のスイなお雛さん | メイン | 秋の匂い »

2010年2月25日 (木)

ひと足早く「春」になりましたネ。


本日木曜日。

毎度の錦小路にて「桃」の枝を買いました。

薄すぎず、濃すぎず、想いどうりの桃色の「桃」です。

食材でも、花材でもこの「想いどうり」と言うのが案外難しく、先週は有ったのに、今週は無いなんてしょっちゅうですし・・・

魚でも、野菜でも、花材でも「その時勝負」です。

今夜、早いお時間に時々お顔を見せてくださる女性のお客様が、まだどなたもいっしゃらないカウンターのお席にお座りになりました。

今、活けたての「桃の花」の清々しいカウンターです。

いつも通り、沢山は召しあがれないので二品少なめの懐石でとのご注文。

通常6300円のお献立を5250円でお作りいたします。

他にはまだお客様がいらっしゃいませんでしたので、お給仕しながら、お仕事先とご自宅の間に『魚棚』が在る事、ご自宅でお夕食のお支度をなさらなくても良い日にご来店頂ける事などお話させて頂きました。

最後のお料理「焼物」が少し多くて、「雲子の照焼き」と「海老芋の田楽」を半分ほどお残しになりました。

お帰りになる時に「いつもデザートの『白玉あんみつ』が食べたくて伺うのですが完食できませんでした。」とおっしゃいます。

去年まで、当店二階に姉妹店『ふれかんて』というカフェがございまして、そちらにて度々『豆かん』をご注文頂いていたらしく、『ふれかんて』休業中の現在『魚棚』にてお食事とともに、懐石後のデザートとして『あんみつ』を召し上がって頂いているらしいのです。

本当にありがたい事です。

『ふれかんて』の店主が、健康上の理由でやむなく休業させて頂いておりますのに、こうして顧客のお客様が『魚棚』に来て下さっております。

「今日は量が多くて申し訳ありませんでした。次回にはもう一品少ないお献立をお作りいたしますね。そうかデザートだけでもご遠慮無くご注文くださいませ。」

「えっ、それでもよろしいんですか?」

「ええ、どうぞご遠慮無く。」

「ありがとうございます、また来ます。」

お見送りするのも温かな、三月間近の夕刻に、その方は「桃の花」の笑顔で軽やかにお帰りになりました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569521/28704615

ひと足早く「春」になりましたネ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

魚棚