プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

趣味 花を生けること
   
    茶の湯
  
    植物を育てること

    本を読むこと

    猫と暮らすこと

    美味しいものを作ること

    会話すること 

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

環境/エコロジー Feed

2012年8月17日 (金)

東北震災の『今』・・・

昨日16日で『大文字』も終わり、夏も終盤に近づきました。

それでも今日は暑い暑い一日で・・・

『京都人』の特徴は「暑い!暑い!」「寒い!寒い!」と二度続けてしゃべる事。

よお『よそさん』に指摘されたり、笑われたりする要因になります。

こないだ15日水曜日も『魚棚』店頭のポスターの写真を撮ってくれてはる、

フォトグラファーの林口さんとお話させて頂いた折、

林口さんも中京の古い町家(築二百年)にお住まいやさかい、

京の『暑さ』『寒さ』は、よお御存知やから、

ふたりして「暑い!暑い!て二回言わなおられへんくらい暑いからやねぇ。」と、

顔を見合わせて笑ってしまうほど暑おしたなぁ・・・

そんな暑い日に私の友人からメールがありました。

友人は私立高校の社会科の教諭をしておりまして、

校内新聞の顧問もしております関係上、

この夏休みに有志の生徒を引率して、

『東北』へ復興のボランティアへ行ってきたらしいのです。

行く前から聞かされておりましたので、

どんな具合だったのか、私も知りたくて、帰還後の知らせを心待ちにしていたのですが・・・

今のところまだ、現地に赴いて実際に得た情報の整理が頭の中で出来てないらしく、

ただ感じたことは、現場で感じた『力強さ』・・・

正確な意味は計り知れませんが、復興に向けた強い気運が現地ではあるのでしょうか・・・

地震情報も発生直後から『原発情報』に押されて、目にしなくなりましたし・・・

今日この頃も『瓦礫処理』だけが取り沙汰されているだけで、

いまだ『復興手付かず』の現場が存在する事など知る機会もありません。

それとは別に、仙台からお越しいただく顧客様のお話では、

その方も復興のボランティアをされているのですが、

津波で流された住宅跡地の整理をされていて、

土砂をフルイにかけている最中に指輪が出てきて、たまたまその家の住人女性が傍に居合わせていて、

「これ、おばさんのかね?」と聞いたら、

「そうだぁ、ありがとね、来ても仕方ないのに、こうして毎日来ちゃうんだよねぇ・・・」と・・・

沢山の『おもいで』も流されてしまったのでしょう。

そんなこんなは、到底私達には計り知れません。

ただ、些細な日常の不平不満を省みて、無事な毎日に感謝するのが一番の祈りだと、私は信じます。

                                   店長 やまもと

2012年1月31日 (火)

◆春の訪れ◆




『節分』も近い1月最後の今日。

例年どおり、この時期の『魚棚』に『サンシュウ』と『ナノハナ』を入れました。

常々感じられる事ですが、体感気温によって眼にしたい『色』が違うと言う事。

それは、多少育った国や地域、経験値によって変わってくるのかも知れませんが、今までの経験から、大旨大差ないと思っております。

『青春』『朱夏』『白秋』『玄冬』(陰陽五行)本当の意味は違いますが、ワタシは『光は色の受苦』と言ったゲーテの言葉と共に感じられ事が在る気がしています。

寒くて、春の光を待ち焦がれるこの時期に『黄色』は、最も嬉しい色なのかも知れません。

◆魚棚やまもと◆

魚棚 のサービス一覧

魚棚